上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

記録とはなんぞや?(ノ゚ρ゚)ノ

こんばんは~。







OR5日目。



今回は記録技術チェックについてでした。



記録について話そうと思ったら、

メモった内容を、事前のファイルと一緒にロッカーに置いてきてしまったみたいですw (おいー)


記憶に残っているものを書いていきます;;





まず、記録って何のために書くのか? という教員からの問いがありました。


自分的には

・患者さんの看護をするため (これが一番だよね。)
患者さんの毎日の状態の変化を知るため(これが分からないとアセスメントできない…)
・自分の成長のため (できることが増えたり、いろんな発見があったり。)
・実際に働いた時の看護記録練習のため (うん。それもある。)
・実習の単位を取るため (実習の評価をするには大切だね;;)


などが浮かんだんですが、どうでしょうか?





患者さんの変化を知る → 自分の変化を知る   とも言ってました。



何かしらの援助を行うことで患者さんも、そして学生自身も変化していく。(=成長や学び)




・・・なるほど~。(゚o゚*)








3年生に記録についてのアンケートをとったところ、


「大変だったけど、今なら記録を何で書く必要があるのか分かる」


という感想があったそうです。





・・・そうですね。 うん。 そうなんです。 (何が?)








記録って、頭の中でごちゃごちゃになっているものを

つなげてくれる役割があるんですよね。



あと、思ったこと・考えたことを文章化するから

他の人にそのことが伝えやすくなる。




「誰が見ても分かるように書く」 ってよく言われますが、


そこに情報共有だとか、看護の統一を目指しているんではないのかな~なんて思いました。




「昨日や一昨日、先週はどんなふうに考えてたんだっけ?」 

って思い出すのにも、役に立ってるんですね~。 (すぐ忘れるから←)






よし! 使える記録が書けるように事前の続きやるぞ~! (やっと1/3ぐらいかな・・・)







いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。