上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

丹田でストレス解消?(((ノ ̄ー ̄)ノ

丹田(たんでん)はおヘソの下あたりの筋肉です。






この丹田をつかって呼吸すると、





脳内に神経伝達物質セロトニンがたくさん放出され、

心が落ち着いて爽やかな気分になり、集中力が高まります。


セロトニンは痛みや疲労、ストレスなども感じにくくしてくれるんだそうです。(ぜひやってみたい)




*セロトニンが充実していると ⇒ 温厚になる。意欲的になる。安眠できる。







普段、わたしたちはお腹から胸の間で呼吸しています。(胸式呼吸)





ストレスを感じると肩で息をするようになり、

肩コリ、頭痛など自律神経が失調ぎみになります。(肩こりひどいですw)



だから、息をたっぷり吸ってリラックスしたい場合は

腹式呼吸がよいと言われています。 (そうなのか~)








腹式呼吸にも2種類あって 「順腹式呼吸」と「逆腹式呼吸」 とがあります。


前者はコーラスなどでつかう西洋式発声法で、

息を吸う時に下腹を膨らませ、吐く時にへこませる、

横隔膜の繊細な動きを作り出すために必要な呼吸法だそうです。



いっぽう、後者の「逆腹式呼吸」ですが、

坐禅・瞑想・読経などでつかわれる丹田をつかった呼吸法のことです。

腹筋による呼息(吐く息)が中心で、

息を吸う時にではなく、吐く時に自然に下腹がふくらむようにします。



「気」をズーンと丹田に集中していく感じで、

坐禅などでは「ヘソから息を出すように」といわれるそうです。









基本的な呼吸法は、


その①・・・3秒間息を吸う。
その②・・・2秒間吸った状態を保つ。
その③・・・15秒以上に時間をかけて、細く長い息を吐き出す。
いったん休憩し、しばらくして、これを5回ほど繰り返す・・・。








難しく考えず、「丹田をつかってます」と意識することが大切だそうです。(やってみようっと)













いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。