上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

看護学校ってどういうところかやっとわかったよヾ(°∇°*)

おはようございます~☆








昨日はひっさびさに10時半に寝て、

朝8時に起きました!







夜中1回も起きなかったからか、

薬飲んで、なんだか眠気に逆らわず自然に寝たからか、


ものす~っごくスッキリしてます!!笑





先週の金・土・日って実習はなかったけれど、


緊張感が全然取れなくて、寝たのに疲れがとれていなかったな~って思います☀ あははw






やっぱ、寝ないとダメだったんだよぉ~。






1週間以上緊張状態が続いたから、


まさにオンオフの切り替えができていなかったから、疲れちゃったんだって分かりました。(おいー)










んで、昨日の夜に病院から不在着信があったので(私はケータイ無視してたから出なかった)


さっき電話してみたんですけど…。




「今使っている電話が病棟とつながっていて、9時過ぎぐらいに、昨日電話した事務の方が来るので

こっちから折り返しかけてくれますか?」
 って言われた。




は?ってなった。



いやいや…、用件があって連絡してきたのはそっちなんだから、

そっちの連絡してきた人が出勤したらその人が連絡してくるべきなんじゃ?




・・・と思い、

「その方が来たらそちらから連絡ください」と言ったところ、



事務 <「ちゃんみなさんから連絡いただいたほうが確実だと思うので・・・」





もめるのがイヤだったから、そこは返事したけど…。





・・・ていうかまず、基本、登録してない番号の着信に出ないし…。








初診の方への説明用紙には、


「電話での医師との会話には、診療報酬の料金発生します」みたいに書いてあるけど、




事務の方からの連絡だと説明されてるのに、


そこで、医師に代わられて勝手に料金発生するとかなったら、


そっちのほうが問題というか…、おかしいですよ…。








用件あるのは、病院の事務でしょ?って。笑





それとも、それはハッタリで、

NGワード言ってて、学校との連絡を拒否ったから、

生きているかどうか、おかしくなっていないかどうかの確認だったりして・・・。(コワっw)




それだったら、そうだってはっきり言いてくれればいいのに…。



てか、昨日父が電話した時、留守電入れたって言ってたけど

留守電入ってませんよ…。





もっとちゃんと確認してほしい…。














ところで、昨日の長いバトル?をしたり、聞いてたりして感じたこと。







「私たちは勝手に判断することはありません。そういう権限はありません」


って言っておきながら、勝手に決めたことをどんどん一方的に伝えて、


無理やり同意を得ようとする学校の先生たち…。








相談したり、薬がもらいたいと言った時点で、

おかしいから病院行ってもらって、休むしかないねみたいにしか受け取れない行動をとる…。









ホントに、





ホントに申し訳ないんだけど、




学校の先生方の行動が、考え方が理解できないです…。


心配しているからこその行動が


とっても、からまわってます。






このブログを始めた時にも


いろいろ書いてきたとは思うんですが、






本当に今まで看護師として、今は教師として働いていての行動なんですか?









そこ違うでしょ!って思うところがたくさんありすぎて…。










父が校長先生と直接話したほうが早いというのがよく分かる…。







でも、私が校長先生含め何人もの先生に囲まれて

話をしてしまったら、


決まったことをただただ聞いて、受け入れてしまう…。


丸め込まれてしまう…。





そう、留年宣告のときと同じように。











・・・ははっ。




ホント、私はなんで学校と闘ってるんだろう…。







勉強するために行って、

看護師になるために実習に行っているのに…。









今、病院に折り返しの電話したら、


事務 <「昨日、校長先生から院長先生に診断書についての連絡が来て、診断書を出したので取りに来てほしいという連絡だったんです~」








あ~、なるほど…。






もう昨日の時点で、診断書は出たんだ。











こっちと学校で、「診断書を出してほしいから病院への連絡してほしい」っていうことについて

争っていたときすでに、





診断書を出す連絡はもう伝わってたんですね…。






・・・診断書を出す出さないが問題じゃないんです。








私が動かなくても、先生方が勝手に判断して行動してるってところが問題なんですよ…。



散々、「本人が病院に連絡して、本人が学校に持ってくるように…」


って言っていたのに、







別のところでは、それが断られた場合の先を読んで


やっちゃってるじゃないですか…。









一番最初の話に戻ると、



「診断書は学校で必要であれば、出すこともできるから、学校と話し合ってね」

という院長先生との私の話で、




来週の土曜日も受診するから、

今週の金曜日に、副校長先生などとお話して、

診断書が必要なのか決めていくようにしましょうっていうことだったんです。










・・・私も、家族に自分の体調不良や精神面の不調を伝えるチャンスはたくさんあって、

薬が欲しいということも両親に伝えなかったことは反省してます…。






けど、先生方も根拠なしに判断して、


報告・連絡・相談不足がありますよね…。









一番ムカついているのは、




先生方(看護師)は最終的な判断をする権限がないのに、

勝手に決めたことを押しつけているところです。





「校長先生じゃないと…」


「憶測は言えない」


「これはあくまでたとえ話で…」




・・・逃げたいがための言い訳にしか聞こえません…。










こんなめんどくさいこと、対応したくないな…とか、


ここは心配したふりして、話だけ聞いといてあとは病院行かせればなんとかなるでしょ…とか、


また、ちゃんみなさん言い始めたよっていうあきれた感じとか…。


どうせ、今回もダメなんだからそこまで(実習合格すること)考えなくていいんじゃない?みたいな言い方とか…。












いろんなことが、


なんだか悲しいです。





そして、テンションも復活して冷静に判断できる今は、


自分じゃなくて、ムカつきが先生方に向かっています。







ここで、いろいろグチ書いちゃってますが、

目の前で話をしたら、世間体とか

教師と学生の上下関係を友好に保とうというのが働いて、

こういうことが言えないと思います。




というか、言うつもりもありませんけどね。笑







どうしても、性格いい子でいこうとしちゃうっていうか…。




もめたくないんです。




争うとかそういうの好きじゃないんです。



だったら、自分が受け入れたほうがいいって思ってしまう。





そしたら、この状況が終わるし、

みんなにこれ以上迷惑かけなくて済む…。





けど、実習絶対合格したいし、

卒業したいし、

看護師になりたい。






だからこそ、


両親にもっと早く頼るべきだったし、今もそうするほうが正しい。











あ。



さっき、父に学校から電話が来て、


明日の午後、私と2人で校長先生と話することになりました。









・・・あぁ、 校長先生はどんな判断を下したんだろう…。










病院の院長先生は、

私以外にも自分が病んでると思って病院に来た人たちを今までたくさん見てきているから、

私と話して、

入院が必要とか強い薬が必要とか、

実習には絶対行かないほうがいいっていう判断はしてないと思うんです。


だから、薬の中でも一番弱いものと漢方薬を一応出したって感じだった。







今は、

NGワードも、あの悪いイメージも

何にもないです。笑w (自分でもすごいと思うけどw)





なんであんなにネガティブ思考になったのかも不思議なくらいwww







どうやら、自分の疲れが限界になってくると、


休ませようとして、そういう精神症状が出てくるんじゃないのかな…。





あとは、以前、

友達から「ひぐらしのなく頃に」とかのかなりグロイ系の漫画を借りて読んだこともあったので、


そういう悪いイメージがしやすくなったんじゃないかなって。




確かに、今思い返すと、


イメージのカット割りが

漫画チック。笑 ←





ドラマとか見ると、それに共感しやすかったり、

主人公が落ち込んですごく悩んでいたりすると、

自分も影響されてテンション激下がっちゃう時もあったりする。笑





そういえば、

火曜具合悪くて休んだ時、


ドラマ3話分を見たんだけど、


主人公の語り方とかが、ちょっとダーク気味って言う感じで、

それが無意識に影響受けたのかもしれない…。





「実習中や勉強中はそれだけ考えるように」って父に昨日言われたけど、


違うことやって、気がそれたっていうのがあるのかも…。




なんだ~。




自分で自分の集中力切ってるやんけ~ww (バッカだなぁ~笑)










具合悪くて休んだとしても違うことせずに、オン状態を4日間しっかり続けることができなかったこと。

金・土・日にオフ状態へ切り替えることができず、疲れを倍増させて月曜も実習に行ったこと。






・・・これが原因だ…。 あはははははw (アホー)












あと、実は、

検査事後レポート書いてなくて…



それを追及されるのも、言い訳するのも嫌だなって思っていたのもある…。(はい?)







結局は、



生活リズムの自己管理不足による疲労で、記録が書けなかったことを冷たく言われるのが怖くて

精神症状を理由に休もうと(時間を引き延ばそうと)したら、

実習できるできないかの大騒動になって、自分がものすごく困っている・・・だけ。(アホすぎる…)










看護学校って、



料理人の世界と同じなんだって。(by父)






卒業したら、1人前の看護師として患者さんの命がかかる仕事をする。


つまり、卒業するまでに


「あなたよくできてて、言うことないわ」って認めるわけにはいかないんだって。




だから、3年間だったらその期間、



できててもできていなくても、どやされ、けなされていくのが当たり前の世界なんだって。



・・・それ聞いて思ったんです。


私、そういう世界だっていうのをちゃんと分かっていなかったのかも…。


それが当たり前っておかしいっていうのが前提で指導を受けてた…。





どやされ、けなされる内容は何段階かはあるかもしれないけど、

1~5のランクがあったら、

問題ない人は1~2で、5に近くなればなるほど

内容も言葉もきつくひどくなってくるし、関わる人数も多くなってくる。





私は、今レベル5ってこと…。(あはははw)










そりゃあ、言葉もきつくなり~態度もきつくなり~

いろ~んな人が理不尽なことをいろ~いろ言ってくるわけですよね~。ヾ(´▽`*;)ゝ







気持ちの準備段階が間違ってたのかぁ~。







できてないとこだけ指摘されて

冷たい態度で言われて

いつも優しいと思っていた人が厳しく言ってくるっていうのは



当たり前のことだったんだぁ~…。









そうだよ、料理人の修行と一緒だよぉ~。




そこに人の命がかかってくるから、もっとどやされ、けなされ、

こんなんじゃだめだよって言ってくるんじゃないか~。





料理人の修行と比べたら、言われるだけまだマシなのか?笑 (全部自分で気づけじゃないから)








悩むところ間違ってたんだよぉ~。





今気づいて、分かって良かったよ~;; 泣





































いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。