上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

時間オーバーはゲームオーバー|J・`))))プルプル


え~、バイトの休憩時間にブログのネタ考えてましたw


だって、やることないんですもん。

お昼休憩っていったって9時半ごろ朝食とってるから、お腹すかないんだよ~。




ってことで(いきなりすぎっ)、今回は演習のときの出来事を書きます。






あれは1年生の演習だったと思うんですけど、

演習前のオリエンテーションで、


教員 <「5分前には演習室に入っているように。時間に遅れた人には演習させませんから注意してくださいね。」

と何回か念を押すように言ってたんですよ。



まぁ、クラスのみんなは 「ふーん。」って感じの人もいたし、「分かってるよそのくらいw」みたいな感じの人もいた。


そして、演習当日。





私はなんでも早めに行動して安心したいので、早く移動する組(5・6人)に混じって15分前ぐらいに演習室に入っていきました。


5分前にはクラスの半分ぐらいは集まっていたでしょうか。

残り3分・・・1分・・・となるにつれて、ぎりぎりで入ってくる人もいたんですけど

ついに時間になっても6人くらいは間に合わなかったんです。



演習だと3・4人の教員がグループごとに見てもらうようになるので、5分前には演習室に入っていたと思います。




時間になったとき、

私 <「え? …絶対まだの人いるよ。 これってやばいんじゃね?…」 と何か気配を感じ取りました。



その時です。



教員の中で一番若い教員が、開けっ放しだった演習室の扉を


バッターンッッッ!!!!!   とそれはものすごい音を立てながら閉めました。




私は、衝撃と共に背中に寒気が走りました。



扉を閉めた教員は、何事もなかったかのように他の教員と同じく真顔で私たちを見ていました。


演習室にいた学生全員が、凍りついたかのように動けませんでした。





そして学生に向かってこう言ったんです。

教員 <「時間はもう過ぎてるからね。みんなわかってるよね」 と、とびっきりの笑顔で。 (マジ怖かったw)



結果的に閉め出された学生はどうなったかというと、

彼らは、そういう状況になっていることも知らずに、普通に扉を開けて演習室に入ってきました。(これもすごいですが)


その時の行動がまた怖いのと同時に面白かった(←)んですけど

みんな前に立っている教員の顔を覗き込んでから下を向いて、見てはいけないものを見たかのような顔をしながら後ろに行くんですよねw


その間、教員全員が遅れた学生の顔をガン見してるのもチョー怖かったです。






最終的には、遅れた学生が全員に謝罪して、みんな演習を受けることができました。




けど、その時のことをはっきり思い出せるほど印象深い演習でした。







看護の世界に限ったことではないですが、 時間を守らない人は信頼されない ということなんでしょう。

自分が時間に遅れれば、その分迷惑をかける人がいる。

実習のカンファの時間や課題の提出期限に厳しいのもそういうことを意識させるためなんじゃないかと思います。




くれぐれも 時間には余裕をもって行動しましょう。笑





いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。