上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

看護学校の授業とは? 講義編 その2 パワーポイントでの説明ヾ(∵*)



どうも~。





前回に引き続き、講義編です。


今回は、パワーポイントでの説明 について書いていこうと思います。






看護学校の教員も、講師で来る看護師さんやドクターも

パワーポイントを使って授業をする率が高いです。




私の学校の場合、配られる講義資料も、

パワーポイントを1枚に6つ貼り付たのを印刷したものが多いです。



そして、

話を聞きながら大事なところにマーカーを引いたり、

空欄を埋めていくようになります。





しかし、カッコの穴埋め作業を待ってくれる先生もいれば

待ってくれない先生もいます;;




ですので、書ききれなかった、

あるいは、文字が小さかったり薄くて見えなかったときには

講義後、まわりの人で確認し合ったほうが良いです。




穴埋め形式が多い先生ほど、そこをテストに出す確率が高いですし、

その部分をオレンジペンなどで書いておけば

テスト勉強もしやすくなります。






時間数が多い講義だと、プリントもそれなりの量になってくるので

大きめのA4ファイルにはさめていくようにするといいですね☀


(そうすると、机の中にそれだけ入れておけば安心です。)




テスト勉強のためにプリントを持って帰りたい時には、

個別にファイリングできるような小さな留め具を使うと便利です。(名称が分からないのですみません;;)







あとは、パワーポイントを使っているのに

余白に書ききれないほどの大事な内容を話しているときには

大きめの付箋やルーズリーフに書いて、

貼り付けたり、一緒にファイリングしておきましょう。


プリントの裏に書くと、あとで見返すの忘れます;;






ノートにまとめ直すのは、時間がもったいないので、

テスト勉強に使えるようにメモっていくのがいいと思います。














いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。