上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

看護学校での勉強? -生理学編 その2-∩(∵)∩

ここ最近思うこと。



それは 「ひとりごと多くなったよねぇ~」  ってことです。(えw)




特に動画を見てる時。 一人で盛り上がっていろいろしゃべってます。笑


言葉数が多くなったってことにすれば、いいことですよね? (それでいいんかいっ)



あとはそうですね~。 PC見てる時用のメガネがほしいです。(じゃ買えよ)


タイミングがなんか合わないんですよね~。

けど、やっぱほしい~。 (結局どっちや)




それじゃそろそろ続き行きたいと思いまーす♪





『生理学』 <「みんな~、教科書ちゃんと使ってるー? 厚くて、僕、持ち歩くの大変…。」






********問題に関しての質問はいっさい受け付けていないのでご了承ください。( ;′・J・)ゞ********





3.呼吸について(  )内に当てはまる適切な語句を記入し、さらに、下線部の問いにも答えよ。

A.安静時の吸息運動は、主呼吸筋であるa ( 横隔膜 )とb ( 外肋間筋 )の収縮により胸郭が拳上し、胸膜腔容積が増えるため ①胸膜腔内圧が低下し、気道から肺胞へと空気が受動的に流入する。呼息時には主呼吸筋の弛緩と胸郭の弾性により胸膜腔容積が減少し、 ②胸膜腔内圧が上昇する

B.1回の呼吸で吸息、呼息される空気の量をc ( 一回換気量 )といい、普通に息を吐き終えた直後からさらに吐くことができる量がd ( 予備呼気量 )で、普通に息を吸い終えた瞬間からさらに吸い続けられる量はe ( 予備吸気量 )といわれる。
  c と d と e を合わせた量がf ( 肺活量 )である。一方、肺には努力してもどうしても吐き出すことができない空気が約1リットル程度残っており、これはg ( 残気量 )と呼ばれる。健常者では、f の値は主に年齢、性別、身長によって決まる。

C.呼吸は意識的にコントロールできるが、無意識のうちに調節されている。呼吸の調節中枢は脳のk ( 延髄 )にあり、末梢の大動脈小体や頸動脈小体、中枢のk にあるl ( 中枢化学受容器 )でそれぞれ ③酸素分圧や二酸化炭素分圧がモニターされ、末梢からは大動脈神経→迷走神経、頸動脈洞神経→舌咽神経という経路で呼吸中枢に伝えられる。その他、肺の伸展の状況や呼吸筋の緊張度、口腔や気道粘膜からの情報も呼吸調節に関与している。


問1 ①吸息時と ②呼息時の胸膜腔内圧の概略の値を単位と一緒に示せ。

   吸息時 -7~-8cmH²O    呼息時 -2~-4cmH²O  


問2 ③で健常者の大動脈と大静脈における酸素分圧、二酸化炭素分圧のおおよその値を記載せよ。単位も明記すること。

大動脈  酸素分圧 96mmHg  大動脈  二酸化炭素分圧 40mmHg  

大静脈  酸素分圧 40mmHg  大静脈  二酸化炭素分圧 46mmHg  


問3 健常者の血液pHの値とそれに関わる血漿中の最も重要なイオンは何か。それぞれ記載せよ。

   pH  7.4      イオン  水素イオン  




4.一心周期において、次の問いに答えよ。


1) 駆出後どうして大動脈弁は閉じるのか。 その理由をごく簡単に答えよ。

   ( 駆出後、大動脈圧が左心室圧より高くなり、血液が大動脈から左心室に逆流しようとする力によって大動脈弁が閉じる。 )


2) 心房収縮期に起きる現象は次のうちどれか。記号で答えよ。
 
   a.左心房圧が左心室圧より高い。
   b.左心室が約70%充満する。
   c.房室弁(僧房弁)が開く。
   d.肺静脈弁が閉じて肺静脈への逆流を防ぐ。       (  a  )



5.心電図の典型的な波形(標準肢誘導におけるⅡ誘導で得られる一般的波形)の概略を描記し、どの波がP、Q、R、SおよびT波のどれに相当するか記載せよ。
  また、P波、PQ間隔、QRS群、STおよびT波はそれぞれ何を表すか答えよ。

1) *波形は省略します 


2) 各波と間隔

   P波    ( 心房筋の脱分極 )
   PQ間隔   ( 房室間の伝導時間 )
   QRS群   ( 心室筋の脱分極 )
   ST    (  心室全体の興奮時間 )
   T波    ( 心室筋の再分極 )



6.血圧について次の問いに答えよ。

1)血圧とはどのような力か。 ごく簡単に答えよ。

  ( 心臓から送り出された血液が血管壁を押す力。 )
 

2)平均血圧(mmHg)、心拍出量(ml/min)および末梢血管抵抗(mmHg/ml/min)の関係を示す式を記載せよ。

   平均血圧(mmHg)= 心拍出量(ml/min)× 末梢血管抵抗(mmHg/ml/min)


3)血圧の短期調節に重要な調節系は何と呼ばれるか答えよ。

  ( 高圧系・・・頸動脈洞圧反射系
      ・・・大動脈弓圧反射系

    低圧系・・・心肺圧反射系
      )

4)血圧の長期調節に最も重要と思われるホルモンの名称を1つと、最も重要と思われる臓器1つを記載せよ。

  ( バソプレシン ) と ( 腎臓 )


5)収縮期血圧を上昇させる心血管系の因子(例えば、心拍数、平均血圧など。加齢や遺伝、疾患、高塩分食などは除く)を2つ以上記載せよ。

  ・心拍数増加
  ・末梢血管抵抗増加
  ・一回拍出量増加     ・・・・・・



6)拡張期血圧を上昇させる心血管系の因子を2つ以上記載せよ。

  ・心拍数増加
  ・末梢血管抵抗増加    ・・・・・・







***************************







弟と祖母以外は、まだ私がバイト辞めること知りません。(いいのか?)


まぁ、やっちゃったもん勝ちですからね☆ (計画的だw)






いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。