上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

あの時欲しかった言葉はこれじゃないp(∵ )q

家のトイレの壁にはハガキが貼ってあるんです。

そのハガキには


「自分でやっていることは苦労ではない」

「泣いたり 悩んだり 転んだり   でも最後に笑えればいいのです。」




って書いてあるんですが、


1年前の今頃は、この言葉にムカついていました。


「自分で選んだからつらいんだろうが。」

「先が見えねぇんだよっ 」

「他人事だと思ってふざけんじゃねぇっ」
   *言葉づかいが悪くて申し訳ありません。




こんな言葉なんて、その時の私には欲しくありませんでした。


励ましてほしいわけじゃなかった。


この辛い状況を分かってほしかった。 

「つらいんだね。 どうしたらいいかわからないんだよね」 って認めてほしかった。

受け入れてほしかった。




今は何とも感じませんが、

同じ言葉でも、感じ方って時間がたつと変わっていくんですねぇ~。笑





いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。