上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

看護学校での勉強? -国試編 その4-qq(∵* |壁

あ~。 メガネのスペアが欲しい~。 (それ前も言ったぞ)


この間、弟が

ぐにゃぐりゃフレームを曲げても大丈夫なメガネと、カッコいいフレームのメガネと、度入りのサングラスを

頼んだそうなんですよ。



うわぁあああ~、 いいなぁああああああ~。(そんなに言うなら買に行けっ)




弟がメガネ取りに行くときに、私もついて行って、

1つ注文しようと思います。


サングラスも欲しいなぁ―。   (けど金は節約したい。)







********問題に関しての質問はいっさい受け付けていないのでご了承ください。( ;′・J・)ゞ********







◆16 8か月児に散剤を経口与薬する方法で適切なのは次のうちどれ?


1.糖水で練る 

2.ミルクに溶かす 

3.離乳食に入れる




正解 : 1.糖水で練る


 乳児に薬を飲んでもらう場合,ミルク全体に溶かさないことが原則です.ミルクの味が変わってしまい,ミルクそのものが嫌いになってしまう可能性があるためです.それだけでなく,ほかの食べ物や飲み物にもまぜないようにしましょう.偏食の原因となったり,全部飲みきれなかったり食べきれなかったりした場合に,正確な量を服用できなくなってしまう可能性があります.また,乳児はもちろんのこと5歳ぐらいまでは嚥下がしにくいあるいは苦手なため,カプセルや錠剤,オブラートでの服薬も行わないようにすることが大切です.よって,散剤を少量の水あるいは糖水で練ってペースト状にし,頬の内側に塗ったり,スポイトですくって口の中に入れたりして服薬させるようにしましょう.どうしても苦味が残る場合は,すぐにミルクを飲ませたりして工夫するのもよいでしょう.






◆17 躁状態でよくみられる症状は,次のうちどれ?


1.観念奔逸 

2.罪業妄想 

3.行動制止



正解 : 1.観念奔逸(かんねんほんいつ)


 観念奔逸とは,考えが次々に浮かんで,まとまりがつかなくなる症状です.そのほか,躁状態における思考の異常としては誇大妄想があります.これは,自分を過大に評価し,尊大・傲慢な態度をとるものです.一方,罪業妄想(ざいごうもうそう:実際はそうではないのに,自分が罪を犯したと感じる)や思考制止(考えが浮かばず判断力が低下する)は,うつ状態でみられる思考の異常です.





◆18 動脈硬化に最も関連のある危険因子は次のうちどれ?


1.胆石症,

2.脂質異常症

3.尿管結石

4.高尿酸血症




正解 : 2.脂質異常症


 動脈硬化とは,文字通り動脈が柔軟性を失い硬くなった状態をいいます.心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患,脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患を引き起こす原因になります.動脈硬化の危険因子は,糖尿病,脂質異常症,高血圧,喫煙などさまざまです.




◆19 抗癌薬を末梢静脈から投与されている患者が刺入部の痛みを訴えたため,看護師は直ちに注入を中止した.予期した危険性はどれ? 


1.アレルギー反応 

2.血栓形成 

3.血管外漏出




正解 : 3.血管外漏出


 抗癌薬は,癌細胞だけでなく正常な細胞も傷害します.また,発癌性をもつ抗癌薬もあるため,「普通の輸液とは違う」という意識で観察することが必要です.
抗癌薬投与中の患者さんが刺入部の痛みや違和感を訴えた場合は,血管外漏出をまず疑います.その他の血管外漏出の兆候には発赤,腫脹,灼熱感,滴下が遅くなること等があります.このようなときには直ちに注入を中止し,医師に連絡して刺入部の炎症を抑える処置をします.血管外漏出が起こった場合,皮膚組織の壊死や潰瘍形成がみられることがあるため,要注意です.




◆20 クッシング現象でみられるのはどれ? 


1.徐脈 

2.血圧低下 

3.体温低下




正解 : 1.徐脈


 クッシング現象とは,頭蓋内圧の亢進により,脳の血管抵抗が上昇し,脳の血流を保とうとして血圧の上昇や徐脈がみられることをいいます.なお,体温は低下ではなく上昇します.頭蓋内圧亢進症状がみられる患者さんは,クッシング現象に注意が必要です.頭蓋内圧亢進の三主徴である頭痛,悪心・嘔吐,うっ血乳頭とあわせて覚えておきましょう.





いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。