上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

受け流せないパーソナルスペース((((┗(∵)┛)))) シャキィィン!!

なんで実習の指導中泣いてしまうのか・・・。



いろいろ考えてはみたんですが、


1つ目としては、

・できていないことを指摘されると相手にムカつくのではなく、自分を責め続ける

ということ。



次に、

2つ目としては、

・パーソナルスペースに侵入されているため、攻撃を拒否できないでもろにくらってしまう。すべて受け入れようとしてしまう。


ということかなと思います。




パーソナルスペースとは、コミュニケーションをとる相手との物理的な距離のことです。

いわば”縄張り意識”です。(心理的な私的空間なので持ち運び可能な縄張りと言えます)


たとえば、親密な関係の人とは近い距離で話ができるけど、

初対面の人がいきなり近づいてきたら、 不快な気分になりますよね。

それは、自分のパーソナル・スペースに侵入されたからです。




家族以外の人とは、私は距離をとりやすいタイプです。

同級生でも、ホントに一緒にいる人じゃないと相手の体にくっついてみたりなんてことはしません。





パーソナルスペースに入ってこられると、言葉をガードできないし、

普通の会話であれば相手の目を見て聞くのがくせなので、どうしても言葉すべてを受け入れてしまうようになってしまいます。






・・・そう。

私、話を受け流せないんです…。 (なんだって?)






「聞き流せばいいんだよ。半分聞いて、半分聞かないぐらいでいい。」 ってよく言われるんですけど、

それができないんですよね…。





だから、侵入されて攻撃全部受けて、その攻撃で自分を責め続ける・・・っていうスパイラルに

毎回なってしまいます。





いつでも真剣に話を聞けるってことだと、いいことなんですけどね。



メリットデメリット、うまく使い分けられるようになりたいです…。笑








いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。