上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

ただただ傍観者だと悟ろう*∵)ノ

午前中、ついに学校に電話してみました。




話した内容は


・11月11日に復学届を出しに行く。
・復学日の記入は出しに行った時でよい。
・復学届以外の必要な書類はあとで確認する。
・今年度の年間予定表と2年生の時間割のコピーはもらえるみたい。
・1~3月分の授業料は、本来ならば後期分の約26万を払うのを申請して減額するように手続きしてもらえるらしい。(まだ決まってなくて予定。)
・成人ⅠのORは12月にあるが、私は前に聞いているので、1月に復学してから実習に行くまでに2年生から情報収集するようにして、12月のORは出ない方向でいくらしい。資料は後日もらえる。(授業料もかかってきちゃうので)
・返された積立金は、模試とか何か支払いが必要な時にその都度お金を回収する形になるようだ。






って感じです。




かける前は、もうドッキドキだったのに、

話してる間は、なんだかスムーズに話せていたような気がします。

なるべく明るくが目標でした。笑





とりあえず、日程もある程度決まったので、

ひとまず安心かな。(よかったよかった~)






そして、




夜になってからは、父と少し話しました。




バイトを辞めたことと、学校に来年から行くことを伝えました。 (まだ言ってなかったんかい…)




父の話の内容としては



・卒業できるかどうかについても疑問符だし、就職に関してはもっと疑問符だ。
・俺個人的な意見だけでなく、世間一般から見ても、卒業・就職できる可能性は5%もないだろう。
・今までの生活を見ても、学校に行ったり、就職したりする生活をしているようには思えない。
・散々今までいろんなことをアドバイスしてきたが、そのうちの1割も達成した実績がないやつが卒業?就職?は?って感じ。
・もう大人なんだから、自分で今の生活を改善していかない限り何も達成することはできない。
・今回の話ついて、俺は今後注意もしないし、助けたりも一切しない。





・・・っていう感じだったんですけど、




つまり、 あなたは 傍観者  ってことでいいんですよね? って思いました。





てか、泣かなかった自分を褒めよう。(えw)



途中からなんかバリアみたいなのを張るようにしてみたんですけど、どうやら成功したみたいです。(お前はポケモンかっ)




賛成も反対もしないってことですよね。



何を考えてるか分からないって言われましたもん。笑←



いや~、思ってることそのまま伝えたんだけどなぁ~。





父と母でも話し合ってみたらしいんですけど、

母も傍観者みたいで、どちらかというと父に頼ってはみたが、父は応援する気はないって感じだったらしいです。





・・・そうなると、

家から残りの授業料や交通費が出ることはなさそうですね。



頼りも応援してくれるのも祖母だけかぁ~。






とにかく、一歩前進です。(拍手)




 


いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。