上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

あまちゃんだっていい。サササッ(∵ 三

ここは自分のブログなので、消しちゃったんですけど

「あまちゃんとしか思えない内容・・・」っていうコメントが届いてました。



最初何書いてあるかよく分からなくて、(なんでだっ)


「あまちゃん?・・・ドラマの??」 みたいな謎の思考になってたんですが (なぜそうなった)

よく読んでみたら、批判的な内容でした。





あんな感じの内容の記事を書いていたら、

いつかこういうコメも来るとは思っていたんですが

・・・思ったよりも早かったですね。笑←



「自分で授業料払うのは当然・・・」 とか書いてあったんですが、

私は、高校からまっすぐ看護学校に入学して、

高校から予約申請していた奨学金を借りました。

高校時代はバイト禁止の学校で、家族もバイトはしなくていいと言っていたので、

私の貯金はおこづかい程度しかありませんでした。

奨学金は、保証人を親ではなく機関にして、

就職したら自分の給料から返済するように話し合って決めていました。

休学する前も、勉強に集中してほしいということでバイトはしなくていいと言われていました。



ストレートで卒業できなかったのは、体と心を壊してしまった自分にも責任があります。




休学する前は、自分にあまくすることができませんでした。

自分が楽できるような方法を選ぶことができませんでした。

人を頼ることができませんでした。

「自分はできるはずなんだ」 とできない自分を認めることができませんでした。



「自信をもつ」 「自分に厳しくあろうと努力し続ける」 ことは

とても大切なことだし、世の中そういう人がうまく生きていけるのだと思います。


けれど、

「自分にあまくできる」 ことも大事だと思います。







あまちゃんだって言われたっていい。


いや、むしろもっとあまちゃんでいこう。
















看護師も看護学生も、気の強い方が多くて大変です。笑
というか、あれ?  注意書き読めなかったのかな? あれれ~? ←



いつも応援ありがとうございます♪ 

訪問してくださっただけで嬉しいです。


とあるバ看護学生に愛と勇気を。
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。